節分に恵方巻きを何故食べるのかと、

食べる際の方角ってどうやって決められているか

ご存知ですか?その決め方をお伝えします。

 

男の背中

 

節分が近付くと、ニュースで今年の方角が

放送されるので、毎年その方角を向いて

恵方巻きを無言で一気に食べる…。

 

管理人が子供の頃は節分と言えば

恵方巻きより豆まきでしたが、今や

恵方巻きの方がポピュラーなのでは無いでしょうか。

 

本日はそんな恵方巻きの由来と食べる時に向く方角

どうやって決めているかを一緒に見て行きましょう!

由来が分かると、より節分が趣き深いものになりますよ♪

 

 

まずは恵方巻きがそもそも何なのかを

お伝えしていきますね^^

 

 

恵方巻きの由来は!?

 

恵方巻きは節分に食べる太巻き寿司です…

 

ビックリ

 

 

「そんな事知ってるよ!!」

 

 

そんなツッコミが目に見えました^^;

より詳しく見てみましょう。

 

 

恵方巻きが生まれた由来は…

 


・大阪の商人が商売繁盛を願って食べ始めた

・大阪の旦那衆が遊女に太巻き寿司を丸かじりさせる遊びから生まれた

 

この2説が特に有名ですが、確かな起源は分かっていません

 

他にも、豊臣秀吉の家臣が戦場へ出向く前に

巻き寿司をゲン担ぎで食べていたという説もあります。

 

ただ、巻き寿司に使われる板海苔が生まれたのは

海苔の養殖技術が発達した江戸時代と言われていますので、

江戸時代以降に生まれたと解釈するのが自然でしょう。

 

実はこの巻き寿司の丸かじり、昭和中期までは花街を含む

大阪の一部だけでの風習だったのですが、昭和40年代

メディアが取り上げる様になり、全国に広がりました。

 

ちなみに、恵方巻きという名称は、セブンイレブン

平成10年に全国で節分の巻き寿司を商品化した際に付けた名前で、

それまでは用いられてはいなかったそうです。

 

言われてみれば、アラサーの管理人は子供の頃から

節分に巻き寿司を丸かじりしていましたが、

単に巻き寿司と呼んでいた気がします^^;

 

 

セブンイレブン、恐るべし!!

 

 

さて、ここからはいよいよ恵方巻きを食べる方角、

すなわち恵方について見て行きましょう^^

 

 

2014年の方角は!?

 

恵方とは陰陽道で使われる言葉です。教える

 

歳徳神(とくとくじん)という、1年の福徳を任されている

神様がいる方角の事で、この方角に向かって行う事は

あらゆる徳があるとされています

 

つまるところ、恵方を向いて巻き寿司を食べるという行動は

様々な幸せを呼び込むという事です。

 

 

この恵方は毎年十干(じっかん)に合わせて決められています。

 

十干は古代中国で生まれた五行説陰陽説が合わさって

作られた順番の事で、主に暦に使われています。

 

五行説…

世の中の全ての事物は「木・火・土・金・水」の

5つの要素で成り立っているという考え

陰陽説…

全ての事物は陰と陽に分けられるという考え

 

 

十干には、その名の通り10の要素があります。

「甲・乙(木)」「丙・丁(火)」「戊・己(土)」「庚・辛(金)」「壬・癸(水)」

 

と言葉にするとややこしいですが、

要は1年がこの10の要素のどれかに決められていて、

その要素のそれぞれに恵方があるという事。

 

この十干によると、2014年は「甲」の年

向くべき方向は、16方位だと東北東

更に細かく見ると、若干東寄りです。

 

下の画像の矢印の方向ですよ^^

 

東北東の東より

 

何とも微妙な方向ですね~。

正しく向くのが大変そう^^;

 

 

そこで発見したのがこのサイト!!

 

その年の恵方と自宅から見た方角

 

 

何と地図で自宅からどちらの方角が

恵方なのかを確認する事が出来ます。

 

更に、2014年以外の恵方も調べられる便利機能付き♪

 

是非有効活用して、福を呼び込みましょう^^

 

 

最後に

 

土用にはウナギ、冬至にはかぼちゃ、

節分には恵方巻きと、日本では本当に

食べ物にちなんだ縁起担ぎが多いですね。

 

管理人は食いしん坊にプラスしてゲンを担ぐのが

大好きなので、どれも欠かさず行っています^^

 

是非とも節分には恵方巻きを丸かじりして

1年の運気を上げていきましょう!

 

なお、この恵方巻き、

食べている間は一言も発してはいけないなどの

食べ方のルールも有名です。

 

このルールについても詳しく調べてきましたので、

後日取り上げさせて頂きますね^^